東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列のできる格安ビジネスフォンサイト。ビジフォンドットコム Powered by vision

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

会社の固定電話を携帯に転送する方法とは?

会社の固定電話を携帯に転送する方法とは?
会社の固定電話にかかってきた電話を携帯に転送できると、電話応対業務が大幅に改善されます。

例えば、外回り中の営業担当宛にかかって電話を直接取り次ぐことができたり、事務所・オフィス不在時の際も指定の電話番号へ転送ができます。
近年では、テレワーク・在宅勤務を推進する企業も増加傾向にあり、固定電話転送は「新しい働き方」にも柔軟に対応することが可能です。

こちらのお役立ちガイドでは、会社の固定電話を転送するメリットから、その方法までを分かり易く解説致します。
テレワーク・在宅勤務をご検討されている方も是非参考にしてください。

▼目次

  1. 転送電話とは
  2. 会社の固定電話を携帯に転送するメリット
  3. 固定電話を携帯に転送する方法
  4. 会社の固定電話を携帯に転送する方法のまとめ

 

転送電話とは

転送電話とは、固定電話宛にかかってきた着信を、事前に登録した携帯電話(スマホ・ガラケー)やその他指定端末に着信を転送することができるサービスのことです。
電話機がある場所でのみ受けることができなかった固定電話宛の着信を、指定端末に転送できるようになるため、外出時は勿論、在宅やテレワーク時に特に効果を発揮する便利なサービスです。

 

会社の固定電話を携帯に転送するメリット

会社の固定電話を携帯に転送するメリット

会社の固定電話を携帯に転送するメリットはいくつか挙げられますが、特に恩恵が大きいメリットを解説致します。

 

■メリットその1:電話応対業務の効率化ができる

固定電話を携帯に転送することで、お客様からの入電を担当営業へ直接取り次ぐことができます。

例えば、営業マンを抱える会社では、担当営業宛に電話がかかってくることが大半です。
その為、担当宛に入電があった際は一度要件をお客様から伺い、メモを取り、その後、担当営業宛に要件を伝え、営業からお客様へ折り返すという業務を効率化することができます。

 

■メリットその2:伝え漏れ・伝え忘れを防ぐことができる

メリットその1に関連しますが、固定電話の入電を直接担当へ取り次ぐので、伝え漏れ・伝え忘れを未然に防ぐことができます。
また、電話応対の方も、メモを取る作業や担当営業に取り次ぐ作業を効率化することができるので、一石二鳥のメリットとなります。

 

■メリットその3:使い方次第で「電話代・通話料」の削減が可能

転送方法によっては、「会社の固定電話」と「携帯」を内線化することで、通話料金を無料にできるサービスがあります。
その他にも、固定電話回線と携帯との通話料を無料にできるオプションプランもございます。

つまり転送方法の仕方や使い方によっては、「電話代・通話料」のコスト削減が可能になります。
何気ない通話でも、通話時間や通話数によっては月々の電話代や通話料が数万円を超える会社様も少なくないのではないでしょうか。

事項の「固定電話を携帯に転送する方法」にて詳細をご説明致します。

 

ビジネスフォン・PBX・クラウドPBXのお悩みはビジフォンドットコムにお任せください!

 

固定電話を携帯に転送する方法

固定電話を携帯に転送する方法
会社の固定電話を携帯に転送する方法は、どのようなものがあるか方法ごとに解説致します。

 

固定電話のオプションで「転送機能」を利用する

固定電話のオプションには「転送機能」というオプションがあります。

NTT東日本・西日本の固定電話の「ボイスワープ」や、光回線を利用した「ひかり電話」の「ひかり電話ボイスワープ」や、ソフトバンクおとくラインの「多機能転送サービス」などが挙げられます。

提供会社ごとにオプション名が異なりますが、着信元から指定した着信先に電話を転送するサービスになります。
これらの「転送機能」を活用することで会社の固定電話を携帯へ転送することが可能になります。

注意点としては、「転送による通話料が発生する点」です。
通常の電話であれば、着信元に通話料が課金されますが、転送機能を利用する場合、「着信の転送元」に通話料が課金されてしまうので、会社の固定電話の通話料が増える可能性があり注意が必要です。

ビジフォンドットコムでは、「おとくライン」と「ソフトバンクの法人携帯」のセットプランをご用意しております。
このセットプランの使い方では転送機能を利用しても「おとくライン」と「ソフトバンク携帯」間の通話料が無料になる使い方ができるので、通話料を気にせず転送機能をご利用いただけます。

 

ビジネスフォンの「転送機能」を利用する

ビジネスフォンの転送機能を利用して固定電話を携帯へすることができます。
ビジネスフォンは、「主装置」と呼ばれる「構内交換機」を介し、内線や外線着信は勿論、工場などの構内スピーカでの通話や、電気錠の開錠の操作を行うことができます。

転送機能もビジネスフォンの機能の一つになります。固定電話の各転送サービスとの違いとしては、「月額料金がかからない」という点です。
固定電話の各転送サービスは利用回線数毎に月々数百から数千円が発生してしまう為、コスト削減が可能になります。

近年では、主装置に対応したアプリをインストールすることで、スマートフォン・iPhoneを内線電話としてご利用いただけるサービスもあります。
注意点としては、ビジネスフォン導入には設置工事が必要となり工事費が発生します。
転送機能だけのご利用をする場合は事前に「着信数の確認」をしていただくと不要・必要の判断がつきます。

 

1台のスマホで2つの番号を持てる!スマホアプリ「uniConnect Cloud」で簡単にスマホを内線化!

 

クラウドPBXの「転送機能」を利用する

近年のテレワーク・在宅勤務の需要拡大で注目を集めているのが「クラウドPBX」です。

クラウドPBXは、文字通りクラウド(インターネット)上にPBXを設置して通話を利用するサービスで、インターネットが利用できる環境なら外線通話・内線通話は勿論、ビジネスフォンの転送機能や、通話録音機能なども利用することができます。
ビジネスフォンとの大きな違いとして、工事費がかからない点です。クラウドPBXは工事を必要としないサービスになり、初期費用を抑えてご利用いただけます。

また、最大の特長がスマートフォンやiPhoneなどの携帯端末を内線電話として登録できるので、会社の固定電話との通話を無料にすることが可能です。
注意点としては、インターネットを利用した通話になるので、「音声品質が劣る」という点です。
大事な商談時や会話時などに音声が途切れるなどのトラブルが想定されます。

また、一言でクラウドPBXと言っても、様々なメーカーがクラウドPBXを開発しており、利用できるサービスも異なるという点も注意が必要です。

 

クラウドPBXなら場所を選ばず内線を構築できる!

 

会社の固定電話を携帯に転送する方法のまとめ

会社の固定電話を携帯に転送する方法のまとめ
以上が会社の固定電話を携帯に転送する方法のまとめになります。

これから、テレワーク・在宅勤務をご検討の方や、既に環境構築のお済みの方も、是非この機会にご利用環境の見直しをオススメ致します。

ビジフォンドットコムでは、「会社の固定電話を携帯に転送したい!」、「テレワーク・在宅勤務の環境を構築したい!」などのお問合せ・ご相談をいただいております。

ビジネスフォンは勿論、「固定電話の手配」・「クラウドPBXのご提案」など代理店だからこそできる「サービスに捉われない柔軟なご提案」が可能です!

会社の固定電話転送についてお気軽にご相談ください!

 

「ビジネスフォン 便利機能」に関する参考記事

【参考】ビジネスフォンの便利機能についてはこちら
【参考】ビジネスフォンの便利機能についてはこちら
【参考】覚えれば簡単!コールバック機能の使い方についてはこちら

ビジネスフォンについてのお悩みお気軽ご相談ください!

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • クラウドPBXで場所を選ばず内線を構築!スマホ内線化 工事不要!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,300円~!
  • クラウドPBXで場所を選ばず内線を構築!スマホ内線化 工事不要!

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート