スマホがビジネスフォンに早変わり!スマホ内線アプリMLiner(エムライナー)

スマホ内線化はこんな業種・企業におすすめ!

スマホ内線化アプリMLiner(エムライナー)とは?

MLiner(エムライナー)とは、ビジネスフォンメーカーであるサクサ株式会社が提供する、スマホ内線化アプリです。MLiner(エムライナー)に対応した主装置ならスマホアプリをインストールするだけで、スマートフォンを内線化させる事が可能です。

MLiner(エムライナー)を導入するメリット・デメリット

MLiner(エムライナー)を導入する5つのメリット!

  • メリット1 社外でも事務所の着信に応答できる。

    社外にいても、顧客からの問い合わせ対応が可能です。ビジネスチャンスを逃しません。転送サービス等の申し込みが不要となります。

  • メリット2 社外でも事務所の番号で発信ができる

    外出中でも、事務所の番号で発信できるため、個人の携帯番号を知られる心配がありません。折り返しの電話も事務所の番号で発番できます。

  • メリット3 通話品質が安定している

    MLiner(エムライナー)は携帯キャリアの電話網を利用することで、通話品質の安定性を確保しています。「通話が途中で切れる」などのご心配はありません。

  • メリット4 プライベートスマホを内線化出来る

    社用スマホを購入する必要はありません。個人スマホにMLiner(エムライナー)をインストールし、内線化することで、事務所の番号で発着信、内線通話が可能になります。

  • メリット5 2台までライセンス無料で使える

    Mliner(エムライナー)でお手軽にスマホ内線機能がご利用いただけます。3台目以降はライセンスを追加することでご利用できます。

スマホを内線化するデメリット

  • デメリット1 スマホ台数に応じた電話回線数の準備が必要

    スマホ1台あたり、2通話分の回線を使用します。電話回線の契約状況に応じて、月々のコストが変わります。

  • デメリット2 事務所とスマホ間で通話料金がかかる

    従来の通話方法ですと転送時の通話料金が発生してしまいます。
    しかし、ビジフォンドットコムでは、事務所の電話回線は「おとくライン」、携帯電話はショップにはない法人限定プランの法人携帯で従来発生してしまう通話料金を無料に出来るプランのご提案が可能です。

  • デメリット3 SIMなしスマホは利用不可能

    携帯キャリアの電話回線を利用する仕組みのため、必ずキャリア契約が必要となります。※対応キャリア:Docomo、Softbank、KDDI

  • デメリット4 国外では利用不可能

    MLinerの仕様上、国外でのご利用は不可となります。
    国内でしたら、電波が入るエリアどこでもご利用いただけます。

スマホ内線化にはメリットとデメリットがあり事前に把握しておくことで、後々のトラブルを回避することができます。

MLiner(エムライナー)の機能・特徴

  • スマホ内線化
    外出先でも会社番号にかかってきた電話をスマートフォンで応答できます。
  • 会社番号での発着信
    社内でも外出先でも、スマートフォンから会社番号で発信できます。
  • 保留・転送機能
    キャリアの有償サービスを利用せずに、通話の保留・解除の操作ができます。
  • ボイスメール機能
    留守電機能として「ボイスメール」機能を標準搭載しています。
  • コールピックアップ
    グループの代表番号にかかってきた電話を手元のスマートフォンでピックアップすることができます。
  • リダイヤル
    uniConnect Cloudダイヤラーの着信履歴からリダイヤルすることができます。
  • 共有電話帳
    社内で共有するアドレス帳とスマートフォンを自動で同期します。

MLiner(エムライナー)と他社サービス比較

機能説明 mliner N社 S社
スマートフォンからも会社のデスクの番号や部門代表番号で発信/着信する機能 ○ ○ ○
発信者の電話番号が着信時にスマートフォンに表示される機能(特許番号:特許第5486484号) ○ ○ ○
部門の代表電話番号をスマートフォンで着信/応答できる機能 ○ × ×
グループの固定電話機への着信を、スマートフォンで応答できる機能 × △ △
携帯通話とVoIP通話を選択可能。手動での切り替え、居場所に応じて自動で切り替えることも可能。 △ × ×
発信履歴/着信履歴からの発信が可能 ○ × ×
通話中に保留、別の電話機へ転送する機能 ○ △ ×
一定時間応答しない場合、あらかじめ指定した電話番号へ転送する機能 △ × ○
話中の着信を、あらかじめ指定した電話番号へ転送する機能 △ × ○
着信があった際、呼び出し音を鳴らすことなく、無条件であらかじめ指定した電話番号へ転送する機能 △ ○ ○
勤務時間外など、あらかじめ指定した時間の着信は、着信先を自動的に変更する機能 × ○ ○
勤務時間外など、あらかじめ指定した時間の着信に対して、任意のアナウンスメントを流す機能 ○ ○ ×

MLiner(エムライナー)の料金体系

ライセンス数 1〜2ライセンスまで 3〜32ライセンスまで
初期費用 無料 3ライセンス以上の料金はお問合せ下さい。
月額料金 無料 無料

※初期費用以外の月額費用は発生しません。

※主装置Stdの場合、最大14台までのご利用となります。

※固定IPアドレスが必要になります。

※1ライセンス=1台までとなります。

MLiner(エムライナー)対応ビジネスフォン(ビジネスホン)

スマホ内線化アプリuniConnectCloud

saxa PLATIAⅡ

saxa PLATIAⅡはスマートフォン連携用アプリ「Mliner」を搭載したビジネスフォンです。お手持ちのスマートフォンがビジネスフォンとして使用でき、従来の初期費用・ランニングコストより更にコストを抑えて利用頂けます。

MLiner(エムライナー)のよくある質問

お申込みについて

MLiner(エムライナー)の他にクラウドPBXの申し込みは必要ですか?

現在お使いのビジネスフォンがMliner(エムライナー)に対応してれば、クラウドPBXのお申込みは不要です。Mliner(エムライナー)だけのお申込みでご利用いただけます。

MLiner(エムライナー)のお申し込み方法について教えてください。

「お見積り・お問い合わせ」フォームよりお問い合わせいただければ、当サイトスタッフよりご案内させていただきます。

MLiner(エムライナー)の最低利用期間はありますか?

最低利用期間はございません。

MLiner(エムライナー)の利用開始までどれくらいかかりますか?

工事施工完了後からすぐにご利用可能となります。

MLiner(エムライナー)は個人でも利用できますか?

個人でも利用可能です。
機器設備を整える必要がございます。

MLiner(エムライナー)は対応可能エリアに制限はありますか?

4G/3G/LTEの電波が入れば、国内どこでも利用可能です。

料金について

MLiner(エムライナー)の月額料金はいくらかかりますか?

月額費用はかかりません。
初期購入費用の中に含まれております。

MLiner(エムライナー)の初期費用はいくらかかりますか?

2ライセンスまで無料でお使いいただけます。
3ライセンス以上の料金はお問い合わせ下さい。