東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2014-09-26(金)15:26

ビジネスフォンの転送機能とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

ビジネスフォンの転送機能とは?

 

ビジネスフォンの転送機能は、普段から使いこなしているという方も多いでしょう。この転送機能には、大きく分けて、手動転送と自動転送の二種類があります。ビジネスフォンの種類によってその転送機能の内容は異なります。

今回は、このビジネスフォンの転送機能について基本的なところをおさらいしてみましょう。

 

■転送機能って?

 

MOK_kyouhei-denwasuru500

転送機能とは、不在時に着信する予定のある重要な電話を、他の拠点にある電話や携帯電話などに転送して確実に電話を受けることができるようにするための機能です。そもそもこの転送機能は、NTTより「ボイスワープ」として提供されている有料サービスで実現することができます。しかし、ビジネスフォンの機器によっては、ボイスワープを利用しなくとも、転送機能を使用することができます。

転送可能な回線も、アナログ回線の一般電話や、デジタル回線のISDN回線、IP電話回線と豊富です。

この転送には、大きく分けて手動転送と自動転送がありますが、ビジネスフォンによってできることが異なってきます。手動転送とは、例えば事務所などにかかってきた電話を手動で転送する機能です。

 

■自動転送の種類

 

一方、自動転送は、かかってきた電話を事務所の電話を呼び出すことなく、転送することをいいます。この自動転送には、いくつかの種類があります。

「即時転送」と呼ばれる自動転送は、かかってきた電話を無条件に、あらかじめ設定しておいた転送先の電話に自動転送するものです。もちろん、事務所の電話は鳴ることはありません。

また、「同時転送」という自動転送もあります。こちらは、かかってきた電話を、事務所などの社内電話機でも、転送先の電話でも両方で受けることができる機能です。転送先は複数でも問題ありません。もっとも先に応答した人が、その電話を受けることができます。

「順次転送・チェーン転送」は、転送先が一定時間の間、応答しない場合や、話し中の場合に、もう一つの転送先に転送してくれる機能です。

 

これらのビジネスフォンの転送機能は、人が少なく外出の多い事務所での電話対応を強化してくれます。

hhhhhhhresize.php

ビジネスフォンについてのお悩みお気軽ご相談ください!

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート