東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2018-08-02(木)11:32

IP-PBXとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

IP-PBXとは?

IP-PBXとは、IP電話機で従来のPBXと同じ機能を実現するものです。
このページではIP-PBXの概要や種類、ビジネスフォンの違いについて徹底解説します!
IP-PBXについて知りたい方はお役立ちガイドを参考に!【ビジフォン.com】
IPPBX

IP-PBXとは?

IP-PBXとは、「Intenet Protocol Private Branch eXchange」の略で、
従来のオフィス・事務所内で利用されてきたビジネスフォンで内線・外線通話を実現するPBX(電話回線の交換機)のIP電話機版のことです。

企業内で構築されたネットワーク上にIP電話機を接続し、内線電話網とLANを統合することで、
LAN、電話回線などの配線に伴うコストや、IP電話機の設定に伴うコストなどを抑えることができます。

その他コスト面では、営業拠点が離れている場合でもネットワークが繋がっていれば、IP-PBXの設備は1セットのみで運用が可能な為、
従来のビジネスフォンやPBXは各拠点毎に設置する必要がありません。

拠点間も外線発信を使わずに内線電話網を使い通話ができるので、通話コストも抑えられます。
また、お客様との通話内容をデジタルデータとして保存できるので、顧客データとのデータ連携や、顧客情報としてのサーバ長期間保管などが容易にできます。

IP-PBXの主な特徴は3つです。
■特徴その① 配線コストや設定工事費を下げられる。
■特徴その②ネットワーク上の一ヵ所に設置して全体を集中的に管理できる。
■特徴その③機能を簡単に拡張でき、CTIや通話録音機能などが利用できる。

IP-PBXの種類

IP-PBXには、「ハードウェアタイプ」・「ソフトウェアタイプ」と大きく分けて2種類存在します。
こちらではそれぞれの特徴を紹介していきます。

■IP-PBX「ハードウェアタイプ」
従来より提供されているタイプになり、
電話交換機能に加えてスイッチやルータ機能なども提供しています。
多くの企業で製品化され、従業員数や拠点数など規模数に合わせた製品が選択可能です。
オフィス内に設置するので、セキュリティ面や稼働の安定性に定評があります。
「ビジネスフォン」として製品化されているものは比較的ハードウェアが小さいタイプとなり、
数名~数十名など「小中規模」の企業での導入を想定されたもので比較的低価格で販売されています。

■IP-PBX「ソフトウェアタイプ」
オフィスのサーバにインストールするタイプで、LAN・電話回線の配線工事や、新たなハードウェアが不要なので、コストを安く抑えれます。
拡張性にも優れ、利用数が増えてもライセンスを追加購入するだけで追加できる製品もあります。また、ソフトウェアをアップデートすれば常に最新のバージョンを使用できます。
従業員の増員に伴う増設や、複数拠点を有する企業での導入に向いているほか、近年では小規模オフィス向けの製品も増えており、柔軟な運用ができます。
しかし、ソフトウェアタイプはサーバにソフトをインストールするなどネットワークを介するサービスの為、「情報漏洩」などのセキュリティ面でリスクが伴います。
その為、信頼できるメーカーやベンダーの製品を選択しなければいけません。ソフトウェア側を導入する際は特に気を付けなければいけません。

「IP-PBX電話機」と「ビジネスフォン」の違い

IP-PBX ビジネスフォン
電話機の台数 50台以上
(導入する事業所形態によっては50台以下で運用可能です。
下記「事業所の形態」参照)
目安として1台から50台程
事業所の形態 複数拠点
(本社、事業所など)や階が異なるフロアなど
単独拠点
(事務所が1か所のみ)
電話の相手 各拠点との社内内線通話や取引先・顧客との外線通話 取引先・顧客との外線通
求められる機能 複数拠点や階が異なるフロアを結んでの内線通話
(通話のコスト削減、電話応対業務の効率化)

  • 本社・各拠点間の内線通話の専用線
  • 内線通話用の端末は構内PHSまたはスマホや無線LAN
  • パソコンなどとシステム連携した電話帳からの発信、アプリの共有
電話応対業務(発着信)の利便性を追及

  • 事務所不在時の着信を従業員の携帯電話へ転送や留守録機能
  • 外線着信する電話番号毎に着信音や通知ランプ色を変える
  • お客様との通話内容を録音する
  • 構内スピーカやドアホン、電気錠などの外部装置との連動
コスト
  • 拠点毎のインターネット回線の月額料金
  • プロバイダ料金
  • 外線通話にかかる通話料金
  • 外線通話にかかる通話料金
ラインアップ

IP PBXの価格比較

最後に、ビジフォン.comにてご案内しているIP-PBXの商品と価格をご紹介させていただきます。
価格については、あくまでメーカー参考価格となりますので、参考程度にご覧ください。
また、ご紹介する商品もお問い合わせいただく時期によっては製造終了機種になっている可能性もございます。
その際は後継機種を提案致しますのでご安心ください。

製品①サクサ UTM一体型IP-PBX SP2000
saxa SP2000
製品②ナカヨ VoiceCaster VC-SIP「」CⅡ
NAKAYO VoiceCaster VC-SIP「」CⅡ

その他IP-PBXについてご相談やお問合せ等ありましたらこちらからご連絡ください。

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート