東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2017-01-05(木)13:57

電話工事の種類とその特徴(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

electricity-597048_1920ビジネスフォンを活用していくためには、オフィスに導入するための電話工事が必要です。では電話工事にはどのような種類があるのでしょうか。数回にわたり、その種類と特徴についてご説明していきます。

新規設置工事について

新規設置工事とは、ビジネスフォンやファクシミリなどを新たにオフィスに設置するための工事のことを指します。オフィスにおける最優先課題は業務の効率化、と考える企業経営者の方は多いようです。そういった業務効率化という課題は、現在でも全国津々浦々どのような企業でも喫緊の解決しなければならない必須案件です。
その意味では、オフィスの新設や移転などが業務効率化のベストタイミングです。その中心となるのが、ビジネスフォンの新規導入でしょう。ビジネスフォンの新規設置工事にあたっては、オフィスのレイアウトをきちんと整理して運用のビジョンを持っておくことが肝心です。
そして、導入するビジネスフォンの性能・機能を最大限に活用できるように設置しなければなりません。ビジフォンドットコムでは、そんなビジネスフォンの設置・運用までを経験豊富なスタッフが設計させていただきます。業務効率化はもちろんのこと、導入後の通信コスト削減など、サポートまでしっかり行なわせていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。
電話機の新設工事についてはこちら

移設・増設工事について

企業にとっての悩みは、ビジネスを続けているうちに業務効率が思ったようなものではなかったというケースがあるということです。実際に現場で業務を行なうスタッフから不満の声が上がる、といったことも少なくありません。その中でも、もっとも不満が多いのがオフィスのレイアウトといっても過言ではありません。
経営者としては、オフィスのレイアウトもスタッフの要望に答えて進化させ続ける必要があるのです。それには、ビジネスフォンの移設や増設が欠かせない案件となります。
ビジネスフォンを移設したり、増設するには主装置との接続が不可欠です。さらに、そのビジネスフォンを使えるようにするための設定も必要となります。
例えば、オフィス内に新たに打ち合わせスペースを作るためにデスクのレイアウト変更が必要となったとします。この場合、そこの設置されるビジネスフォンの電話機までの配線を、主装置を中心として移動させる必要があるケースも出てきますね。もちろんオフィス内を自分たちで簡単に移動できるケースならいいですが、大幅なレイアウト変更では複雑な配線を必要とする場合もあります。そんなときは主装置からビジネスフォンの電話機までの配線をやり直さなければならないため、専門の業者による配線工事が必要になります。
電話機の移設(移転)工事についてはこちら
電話機の増設工事についてはこちら

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート