東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2017-01-05(木)13:56

電話工事の種類とその特徴(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

wire-163985_1280ビジネスフォンの導入には、電話工事が必要です。それでは、前回に引き続き、電話工事の種類と、それぞれの特徴をご説明していきます。

配線整理について

ビジネスを進めていくうちに、ビジネスフォンを移設・増設を繰り返すことを余儀なくされることもありますね。逐一、業者に工事依頼をするのはなかなか難しいでしょうから、ちょっとしたレイアウトの変更などはご自身で行なってしまうケースも少なくないと思います。
そんな小規模レイアウト変更や移設、増設を繰り返していくうちに、ビジネスフォンの配線はとんでもないことになっていきます。ビジネスフォンの追加工事などで乱れてしまった配線は、実は通信障害などの原因となることがあるのです。
ビジネスフォンやファクシミリなどの設置工事を新設で行なう場合、今後の計画等を考慮した配線のレイアウトを行なうのが普通の業者です。しかし、予算や業者によっては無計画な配線のまま進めていくうちにレイアウトが乱れてしまうことが少なくないのです。
もはや自分たちでは収集がつかなくなってしまった配線の乱れには、配線整理をオススメいたします。日常のビジネスに影響を与えることなく、スムーズにスッキリとした配線に整理させていただきます。ビジフォンドットコムにお気軽にご相談くださいませ。

撤去工事と障害・修理工事について

上記のように、配線の乱れによるビジネスフォンなど通信機器の障害は、企業によっては営業や日常業務に大きな損害を与えかねません。つまり、ビッグなビジネス機会を逸してしまうことも絶対にないとは言い切れないほど重要なことなのです。
そこで検討すべきなのが、ビジネスフォンのシステム自体の見直しです。どのくらい現在のビジネスフォンを導入してから経過しているか、そのビジネスフォンの回線種別は何か、といった現状をまず洗い出してみてください。
そして、場合によってはビジネスフォン自体をすべて一新することも必要かもしれません。特にアナログの電話回線を利用したビジネスフォンを運用している場合、もしかしたら光インターネット回線を使った光電話へと移行することも検討した方がいいケースもあるのです。
そうした場合、現在ご利用のビジネスフォンは撤去する必要があります。そうした撤去工事も、すべてビジフォンドットコムで請け負います。さらに、新たに導入したビジネスフォンが、運用中に障害が発生したり、明らかに故障した場合も修理や復旧にご対応いたします。

ビジネスフォンについてのお悩みお気軽ご相談ください!

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート