東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2017-01-05(木)13:45

社内LAN構築で業務は劇的に変わる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

C00129-001BビジネスシーンではPC、そしてインターネットによる情報通信が成功のカギを握っています。そのために社内で横の情報伝達が可能となる社内LAN構築が重要です。そのためのLAN工事にも目を向けておきたいものです。

社内LANの中核的な役割を担う基幹系ネットワーク

企業が日々のビジネス業務を処理するために利用している在庫管理や生産管理、勘定管理などのシステムをネットワークに接続すること、これが社内LANにおける基幹系ネットワークの構築ということになります。
こういった基幹系LANネットワークには、光インターネット回線、モデムやルーターといったネットワーク機器、そしてパソコンとその周辺機器などが必要になります。これらをつなぐことでそれぞれが機能するのですが、大規模な基幹系LANネットワークともなると、いったいどこに何があるのか、そしてどことどこがつながっているのかが理解が難しくなります
そのため、通常の電気設備の設計と同様の基幹系LANネットワークの設計および保守管理が必要となります。このため、オフィスには通常の動力盤や電灯盤、端子盤に加え、情報盤(19インチラックなど)が並ぶことになります。
また、オフィスの新設にあたり、通常の電気工事と基幹系LANネットワーク構築が別途行なわれる場合、特にほかの工事が終了した後の基幹系LANネットワーク工事は、さまざまな面で対処しにくいことがあります。業者によっては、対応できないケースもありますので、そういう場合はLAN工事経験が豊富なビジフォンドットコムにご相談いただくのが、一番正しい選択です。

社内LANの配線を整理し、ネットワークセキュリティーを強化

オフィスでレイアウトの変更が行なわれた場合、それに伴って社内LANの環境も見直しされます。そういうレイアウト変更によって、LAN配線が混然としてしまい、ケーブルなどが雑然としているオフィスは少なくありません。
そういった雑然とした状態は見た目が美しくないばかりか、通信障害の要因にもなりかねません。何度もレイアウト変更を行なったオフィスであれば、まずは現状をご確認いただき、早期にご対応なさることをおすすめいたします。
また、社内LANネットワークは社内をつなぐネットワークですが、外部にインターネット接続として開いている以上、悪意のあるウイルスなどコンピュータネットワークの外的脅威が常に存在します。具体的には、不正アクセスや情報漏洩、データ損失、ウイルス感染などになります。
これらの脅威に対し、それぞれのパソコン個別に対応するのは無理がありますので、社内LANネットワーク全体でセキュリティーを守る対策が必要となるのです。
ビジフォンドットコムでは、企業やオフィスの規模に応じて、こうしたセキュリティ対策商品を適切に選択します。さらに、社内LANネットワークのセキュリティーおよびセキュリティー対策商品のご説明などについてサポート&アドバイスさせていただきますので、ご安心くださ

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート