東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2017-01-05(木)13:23

ビジネスフォンの電話工事を依頼する前に覚えておきたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

checklist-1917547_1280ビジネスフォンの電話工事は、専門的な知識と資格が必要です。そのため、電話工事はビジフォンドットコムにご依頼いただければと思いますが、事前にお客様が準備をお願いしたいこともいくつかあります。

ビジネスフォンの購入から回線手配、電話工事まで

オフィスの新設や移転など、ビジネスフォンが新たに必要となった場合、まず考えなければならないのはビジネスフォンの購入になります。現在ではビジネスフォンも光インターネット回線を利用した光電話というオフィスも増えています。そのため、光電話にも対応した(使える)ビジネスフォンの電話機が必要となってきます。
そして、それらを使うために必要なのが電話回線だということは言うまでもありません。その回線についても、NTT東日本/西日本と契約するのか、別の通信事業者と契約するのか、どんなプランでどんな回線を契約すればいいのか考える必要があります
日々、ビジネスの業務が多忙を極めている企業であれば、そのようなことに時間を割くのはあまりおすすめできません。そして、実際に電話回線を契約して工事スケジュールなどを調整するのも手間のかかるのではないでしょうか。そんなすべてをビジフォンドットコムなら、お手をわずらわせることなく円滑に進めることができます。安心してお任せいただければと思います。

電話工事を行う前にやっておくべきこと

電話工事と聞くと、何か大規模な工事を想像する方が多いかもしれませんね。しかし電話工事というのは、意外と身近に行なわれているものなのです。
例えば、オフィス移転の際にも電話工事の手続きが必要になるのです。しかも、この電話工事は予約制なので予約がなければ電話工事は行なわれません。NTT東日本/西日本など通信事業者に事前に移転をすることを伝え、移転先がすでに決まっているなら電話工事の予約をしましょう。なお、早めに申し込めば都合の良いスケジュールで予約が可能となります。
つまり、移転が決まった段階ですぐにNTT東日本/西日本などに移転することを告げ、以下のことを伝えておく必要があります。

・現在お使いの電話番号
・電話の契約者の名義
・現在の所在地と新しい所在地
・工事希望日

また、フレッツ光など光インターネット接続も加入していて、移転先でも同様のサービスを継続したい場合、移転手続きの際に同時に手続きを行なうことができます。こういった場合でも、お気軽にビジフォンドットコムへご相談ください。

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート