東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2016-10-29(土)11:18

これからはビジネスフォンも光回線の時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

PASONA_8_TP_V光インターネット回線が登場して、オフィスや家庭のインターネット環境は劇的に変化しましたよね。でも、電話回線はいまだにアナログでは、時代に取り残されてしまいますよ。これからのビジネスフォンは光回線が常識です。

ひかり電話とは何か?

光回線を使った電話で代表的なのが、NTT東日本/西日本「ひかり電話」です。これは、同社が全国的に敷設を進めている光ファイバー回線を利用したIP電話のことです。アナログ固定電話で使用する電話回線を使わずに、電話とインターネット接続の両方が可能となります。
ひかり電話のメリットとしては、速度のわりには価格が安く、しかも基本料金も安い。全国一律の通話料でオフィスの経費削減が図れる。アナログ固定電話と互換性があるため、今までの固定電話の端末電話機がそのまま利用できる。電話番号も従来アナログの固定電話の番号をそのまま使用できる。ナンバーディスプレイや迷惑電話お断りサービス、着信お知らせメールなどのオプションサービスが充実しているといったものがありますね。
一方、デメリットとしてはアナログの電話回線を使用していないので、災害などの停電時には使えなくなる。伝言ダイヤル公専接続など接続できない番号がある。基本料金は低額だがオプションのサービスが割高になっているなどといったものがあります。そして、これはデメリットとは言えないのですが、ひかり電話単体では契約できないことです。フレッツ光など、光インターネット接続サービスと同時契約が基本になります。

オフィスにひかり電話は導入可能なのか

このひかり電話には、ひかり電話オフィスタイプと、ひかり電話ビジネスタイプという2区分の法人用サービスが用意されていました。基本的な特徴に差はなく、オフィスタイプとビジネスタイプは、一般家庭向け「ひかり電話」にビジネスフォンを想定した企業用のオプションを付け加えたサービスと考えて差し支えありません。
そしてオフィスタイプとビジネスタイプは基本的に同じで、ビジネスタイプをバージョンアップしたサービスがオフィスタイプと呼ばれていただけなので、2014年にはビジネスタイプの新規加入は終了しています。

ビジネスフォンについてのお悩みお気軽ご相談ください!

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート