東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2016-05-26(木)14:45

価格が安く済むビジネスフォンの導入方法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

00021.価格が安く済むビジネスフォンの導入方法は?
開業や事業の拡大などに伴い、電話やインターネット回線の増設に対応できるビジネスフォンが必要となります。ビジネスフォンを導入する際に、購入した場合とリース契約した場合の価格とメリットについて簡単にまとめました。

ビジネスフォンはリースor購入どっちがお得?

ビジネスフォンは、交換機と主装置、それと複数の電話機を回線でつないで、同時にかかってきた電話を受けることができ、内線同士の通話やインターネット接続などもできるため、企業にとって業務効率を上げるうえで必要なものです。
ビジネスフォンの導入にあたり、リースと購入ではどちらのほうがお得になるでしょう。
まず、購入の場合はビジネスフォンの交換機と主装置、それぞれの部署に設置する電話機の機械そのものの代金がかかります。また、建物内の回線設置や設定など専門の業者に頼む必要があり敷設工事代金が発生いたしますので、高価な価格のビジネスフォン機器のほかに初期設置費用としてかなりの金額が想定されます。
リースにした場合は新しい製品を導入することができ、購入代金や導入の際に生じる工事費などの初期費用が抑えられます。リースの際には信販会社の審査があり、リース契約期間の途中での解約ができないほか、リース期間の満了した時に返却義務があり、リースを解約する場合は残金の返済を求められます。購入した場合と比べるとリース期間に応じた料率がかかるため総額としてみると割高といえるでしょう。

ビジネスフォンのリースを選ぶメリット

リース契約にするとビジネスフォン導入時にかかる主装置や電話機などの機器購入代のほか、設置工事代などの初期費用を抑えることが可能です。リースでは多くのメーカーの最新の機種を導入することができるほか、リース期間中であれば新機種への変更も可能です。リース契約期間中に万が一災害などで破損や故障した場合には保険が適用されるなどの利点があります。
また、リースの場合では月々のリース料金が経費として認められるほか、ビジネスフォンの器機所有権がリース会社となるため、固定資産税の支払い義務が生じないなどのメリットもあります。

最も安く済むのはレンタル

月々の利用料がリーズナブルな価格設定で、購入するよりずっとお得になるのがレンタルビジネスフォンです。
レンタルの場合は、最新の機種ではないですが主要メーカーの高機能なビジネスフォンを導入できます。また、電話機の台数もオフィスの規模に応じて設定できるほか、イベント時など短期での利用も可能です。そのほか、レンタル期間中において自然故障の場合には無料で別機種への交換もできるなど便利な面があるほか、レンタル期間終了後に器機を買い取ることもできます。会計処理上も、減価償却などの計算も不要となり、レンタル料は経費として計上できます。
ビジネスフォンをレンタルするときには、主装置の設置や電話機の接続、設定などの設置費用が別途必要となります。また、設置費用、月額レンタル料金も前払いとなるなど注意する点もあります。レンタル期間終了後の撤去費用についても確認しておく必要があります。購入またはリース、レンタル、どちらの場合においても設置する台数やビジネスフォンの機能などを考慮し、見積もりを取り価格や費用について検討する必要があります。

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート