東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2015-10-02(金)15:27

ビジネスフォンを増設・移設する際に知っておきたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks


ビジネスフォンを増設、移設する場合は、費用や工事期間について知っておきましょう。ビジネスフォン導入する際に準備しておくことや確認しておくべきことなどを解説します。

増設工事する際のポイント・費用

ビジネスフォンを増設する場合は、現在使用しているビジネスフォンが増設可能なものであるかを確認する必要があります。基本的には、従来のビジネスフォンのメーカーや型番と同じものを用意しましょう。また、型番などが異なるビジネスフォンを増設するのであれば、そのビジネスフォンが従来の主装置に対応しているかも革新しましょう。接続する電話機の台数によっては主装置のスペックが足りない場合もあるため、増設台数と合わせてチェックしておく必要があります。なお、電話機を増設した場合は、電話回線の着信数を増やすことが望ましいですが、その場合電話機増設分とは別途、電話回線の増設に費用がかかります。

移設工事する際のポイント・費用

基本的にビジネスフォンは、移転先でそのまま使用することはできません。そのため、ビジネスフォンを移設する場合は、新しく新設する場合と同じような工事を行うことになります。もちろん、移転先のオフィスレイアウトに合わせた電話線の張り方や増設が必要になるため、その分の費用もかかります。大切なことは、ビジネスフォンの移転工事の前に、移転先の電話回線やインターネットの手配を行っておきましょう。電話線工事やLAN工事ができません。各種回線の手配は、申し込みから2日~2週間を目処に予定を立てておきましょう。また、移転先でビジネスフォンを増設、拡張したい場合は、移転前に使用している電話機が拡張可能タイプかどうかを確認しておきましょう。

まとめ

ビジネスフォンの増設や移設では、電話機の費用だけではなく、電話の接続費用、電話線の費用がかかる場合が多いようです。特に、増設の場合は従来の機器と増設機器を一緒に使用できるかどうかの確認は必ず行いましょう。また、ひとことで電話回線といっても、現在はさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なります。主に一般家庭で使用されているアナログ回線や一回線で2着信が可能なISDN回線、1回線で複数の着信が可能な便利なひかり電話回線、インターネットを利用して音声通話がおこなえるIP電話回線などがありますので、それぞれの用途や費用を考えて選択することになります。また、工賃も業者を選ぶかによって価格は変わってくるため一概には言えませんが、価格の安さだけではなく、きちんと信頼できる業者に頼むことが大切です。

ビジネスフォンについてのお悩みお気軽ご相談ください!

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート