東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2015-06-17(水)14:45

オフィス・店舗の移転が決まったら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

オフィス・店舗移転について

オフィス・店舗の大半が経験する移転ですが、移転に伴い電話回線・ビジネスフォンの移転手続きも必要になります。
こちらの記事では移転の際に必要な作業手順をご紹介致します。
snail-160313_1280

移転作業の手順

    1. まずはNTTの「116」へ

移転先が決まった際、電話番号の変更が無いかなどの確認が必要になります。この確認をきちんと行わないと移転先で電話番号が変わってしまうなどのトラブルが発生してしまいます。また、東京都内の同一区でも電話番号が変わってしまうエリアもありますので油断大敵です。
電話番号の変更有無確認後、電話回線開通工事の申し込みをしましょう。目安として2週間前には連絡をしておきましょう。

    1. OA機器の移転手続きを

電話回線の移転申し込みが完了したら、OA機器の移転工事業者を探しましょう。家庭用の電話機ならモジュラージャックを電話機に差し込むだけで利用は可能ですが、ビジネスフォンは家庭用電話機とは違い主装置と呼ばれる電話機の本体設定からビジネスフォンの内線番号振り分けなど様々な設定工事を必要とするからです。移転先に近い工事業者を探す事で急なトラブルも迅速に対応してくれます。OA機器を導入した業者に連絡をすると大体は工事業者の手配をしてくれます。

移転先が決まったら

オフィスの移転が決まったら、まずは電話番号変更の有無の確認の後、電話回線開通工事申し込み、OA機器移設工事手配などOA機器周りでも作業は沢山あります。業者によってはこれらの作業も一任する事が出来、作業項目の削減も可能です。各官庁の届けを行いつつ移転手続きもスムーズに行いましょう。

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート