東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2015-01-19(月)14:18

ECサイト運営企業にとってふさわしい回線とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

ECサイト運営企業にとってふさわしい回線とは?

 

ECサイトの運営を行っている企業の担当者の方には、ぜひチェックしておいてほしいことがあります。それは、電話回線です。電話対応が特に重要になってくるECサイトでは、適した電話回線選びが必要になってきます。複数の電話回線の特徴を比べて、最適な環境を整えましょう。

 

■アナログ回線なら障害に耐えられる

かつて主流だった電話回線といえばアナログ回線。安定しているところと古くからあるというところに強みがあります。そのため、「信頼性」においては担保されるでしょう。

実際、震災時には、アナログ回線だけつながったという事例もあるくらいです。それだけ障害に強いというメリットがあり、お客さまからの信頼が命のECサイト運営企業にとっては、ふさわしい回線といえそうです。

しかしながら、1回線につき、同時通話数は1つという点については注意が必要です。

 

■音質を重視するなら高音質通話のひかり電話

お客様からのお問い合わせ時に、できるだけ不快にさせないためには、クリアで高品質な通話が欠かせません。そこで、高音質通話のできる「ひかり電話」がおすすめです。

ひかり電話の基本サービスの一つ「高品質通話」を契約して、専用の通信機器を導入すれば、同じくひかり電話を利用する相手であれば、クリアな音質で通話ができます。不特定多数のお客様ではなく、ある程度限定しているお客様や取引先の方で、ひかり電話を使用されている相手が多い場合に便利といえます。

job_call_center

■コールセンターがあるならIP電話

コールセンターなどがある場合には、多くの同時通話が必要になりますし、環境構築にも手間がかかります。そこで、IP電話は導入も比較的簡単ですし、同時通話数を最大32まで増やせるサービスも存在するので、おすすめです。さらに嬉しいのは、基本料金も通話料も比較的安価で済むこと。通信コストの面で悩んでいる方は、ぜひIP電話をご検討ください。

 

ECサイトを盛り上げるためにも、ぜひ良い電話回線選びを行ってください。

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート