東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2014-12-19(金)15:11

固定電話を直収電話にするときの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

固定電話を直収電話にするときの注意点

 

うまくいけばコスト減につながる固定電話の直収電話への切り替え。いわゆるNTT以外の通信事業者の電話に変えることを指します。特定の携帯電話への通話料が無料になることがあるので、事業所によっては検討の余地があるでしょう。

しかし、今契約している固定電話を、直収電話に切り替えるときには、次のことをよく確認してから行うのをおすすめします。

 

■割引サービスは、期間の縛りに注意!

基本的に、直収電話に切り替えるメリットは、やはり毎月の電話料金が安くなること。今持っている電話加入権も、通信事業者に買い取ってもらうことができることもあるので、その場合にはさらに得した気分になります。

また、通信事業者によっては、キャンペーンが設定されており、期間限定で初期費用が安くなるなどのメリットも得られることがあります。

しかし、何らかの支障が生じ、解約したいといった場合に解約金がかかるかどうかを事前に確認しておくことが大事です。割引キャンペーンも、「3年契約が必須」などの縛りがあることはよくあるので、注意が必要です。

FireShot Screen Capture #732 - 'IWATSU(岩通)中古ビジネスフォン PRECOT (S・M・L) 2台~48台クラス|OFFICE110' - oa110_jp_phone_used_iwatsu_699_html

■従来の電話機が使えないこともある?!

IP電話に切り替えた場合、従来の電話機が使えなくなることもあります。この場合、当然新しいビジネスフォンの導入費用がプラスでかかってくることを忘れてはいけません。いくら通話料が安くなるとはいえ、初期費用が割り増しになっては意味がないと考えるのであれば、よく検討が必要でしょう。

今使っている機器で対応できるサービスを選ぶといったことも考えられます。

 

■インターネット周りの変更が必要になることも考える

NTT以外の直収電話サービスに切り替えると、フレッツADSLやフレッツISDNなどが利用できなくなることがあります。この場合、新しいインターネット環境への切り替えが必要になるので、別途手間や費用がかかるのは避けられません。

この点も、検討材料に入れておきましょう。

 

直収電話サービスは、お得なところが全面に出ているので、とても魅力的に映りますが、現在のオフィスの電話回線や利用状況によっては、コスト削減にはならないこともあるので十分気を付けたいところです。

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート