東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2014-12-12(金)15:39

スマホと連携ビジネスフォンサービス2種の魅力とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

スマホと連携ビジネスフォンサービス2種の魅力とは?

 

今回は、スマートフォンと連携して利用できるビジネスフォンサービスを2つご紹介します。それは「2waySmart」と「SmartChanger」。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。

MOK_kyouhei-denwasuru500

 

■「2waySmart」で業務効率化とコスト削減を実現

 

スマートフォンとビジネスフォンを連携させて使うことができる「2wqaySmart」は、使い慣れたスマートフォンで簡単に操作ができるので、ビジネスシーンでもスムーズに対応ができます。社内で電話を受けたり、かけたり、固定電話からスマートフォンへ転送したり、社内においてスマートフォン同士で転送し合ったりと柔軟に対応できます。

また、社内ではスマートフォンを内線にすることができるので、ビジネスフォンの固定電話さながらの用途で利用ができます。

また、スマートフォンからパソコン画面が見られるのも便利です。特にメールチェックができるのは外出が多い担当者にとってはありがたいものです。

とはいえ、携帯電話は通話料が気になります。そんな不安を解消してくれるのが2watSmartのいいところ。携帯電話なのに固定電話発信ができるので、通話料がそれほどかさみません。

これらのあらゆる業務効率化やコスト削減が積み重ねれば、大きな導入メリットを生み出しそうです。

 

■「SmartChanger」で固定電話が不要に

一方、「SmartChanger」も負けてはいません。スマートフォンが社内の内線子機として使えるというもの。サービスの魅力としては、次の4点が謳われています。スマートフォンが内線電話になることや、3つの電話サービスが使えること、既設ビジネスフォンとの連携ができること、接続はLANケーブル1種類でOKということです。

これで営業マンなどはオフィスの固定電話機を必要とせず、スマートフォン一つで対応することができます。

3つの電話サービスとは、「ひかり電話オフィスタイプ」「INSネット64」「FUSION IP-Phone」のこと。これらの電話サービスを使うことができます。複数の電話サービスを組み合わせて使うこともできるので便利です。

また、複雑になりがちなオフィスの配線がLANケーブル一本で済むので、快適、安全なオフィス環境づくりが実現します。

 

これらの2つのサービスを導入できるスマートフォンは限られています。導入の際には、スマートフォンのメーカー、機種選びも考慮に入れましょう。

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート