東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2015-11-06(金)16:41

他と比べてお得なのか?ビジネスフォンのリース導入について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

他と比べてお得なのか?ビジネスフォンのリース導入について

ビジネスフォンを使う場合、普通に購入する以外にも、レンタルやリースといった方法もあります。しかし結局、購入とリースとレンタルでは何が違い、どの買い方が一番お得なのでしょうか?ここでは、それぞれの違いについて説明したいと思います。

レンタルとリースのメリットの違い

ビジネスフォンを導入する場合、自分で購入する他に、レンタルやリースといった方法もあります。レンタルは一定の期間借りること、リースは長期的に借りることです。価格を比較した際、借りる期間が長ければリースのほうがお得ですが、途中解約が出来ないというデメリットもあります。万が一倒産や移転で途中解約する場合には、残りの期間の料金を支払ったり、別途で解約料金が必要になったりすることがあります。短期間の使用を考えているのであればレンタルの方がお得です。利用料金についてはどちらも経費として精算することが可能です。リースのメリットとしては、新品の機種を借りることができる点が挙げられます。レンタルの場合は必ずしも新品というわけではないので、機器の機能や状態などを含めて使用に必要な条件が整っているか事前に確認したうえで利用するのが望ましいでしょう。

購入とリースのメリットの違い

ビジネスフォンを導入する際、購入すると電話機本体の他に回線の工事などの費用が加算されます。初期費用を安く済ませたいのであれば、リースがお勧めです。しかし月々のリース料金には本体代金の他に保険料や手数料が入っていますので、長期的に見ると購入したほうが安く済みます。また、先述したとおりリースは新品の機種を使用できます。自社で必要になる機能さえあれば良いというのであれば、音声や基本的な機能は新しい機種と大差がないので、中古の電話機を購入するのもひとつの手でしょう。

結局どの買い方がいいのか

短期間で借りる場合や、必要な期間が明確でない場合はレンタルが良いでしょう。長期間の利用が決まっており、できるだけ初期費用を抑えたいという場合はリース、初期費用をかける余裕がある場合は購入など、使用期間や予算に応じた買い方をおすすめします。また、レンタルやリースを検討する場合は、電話機本体の価格だけでなく、保障やサービス内容を比較して会社を選ぶことも大切です。購入を検討する場合は新しい機種だけでなく、中古の機種も検討対象に入れると選択の幅が広がり、より良い購入ができるでしょう。

中古ビジネスホンと新品ビジネスホンの違いはこちら

ビジネスフォンについてのお悩みお気軽ご相談ください!

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート