東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2015-10-16(金)16:05

導入に向けて理解したいビジネスフォンの価格について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

 導入に向けて理解したいビジネスフォンの価格について

ビジネスフォンの価格は機器そのものの価格に工事代金を合わせたものになりますが、その価格は各メーカーによってかなり異なります。今回はその違いを説明しつつ、中古販売や買取についても紹介します。

新品・中古の価格の違い

当たり前ながら、ビジネスフォンにも新品と中古の二種類があります。中古のビジネスフォンは販売店や機種の新しさなどによって価格は様々ですが、品質に納得できれば、安い値段で購入することも可能です。また、新品はメーカーや販売店によっても大きく異なります。当然ながら新品は中古より価格は高くなっており、特にNTTブランドのビジネスフォンは高価な値段で流通している傾向にあります。新品の方が壊れにくいということもありますが、中古のビジネスフォンの状態や価格によっては、中古を購入したほうがお得な場合もあります。しかし、中古品は本体価格だけではなく、工賃や寿命を確認しつつ、きちんと信用のおける会社から購入することが大切です。使用年数を偽って販売する業者も存在するため、よく見極めて購入することが重要です。

ビジネスフォンの中古価格相場

中古のビジネスフォンのメリットといえば、なんといってもその安い価格でしょう。ビジネスフォンの中古価格の相場は販売店の仕入れ価格によって違いますので一概には言えませんが、新品のビジネスフォンに比べると、3~4割ほど安く購入できる場合が多くあります。ただし、機器代金は安くても工事代金は別でかかりますので、きちんと機器代金と工事代金を合わせて考えなければ痛い目に合うかもしれません。しっかりと確認しましょう。また、工事発注前にはきちんと下見にきてもらうことも必要なことだといえます。

買取価格の目安

ビジネスフォンを売る場合、買い取り価格の一番の目安はその機器の使用年数となります。販売されてどのくらい年数が経過しているかによって、買い取り価格はかなり変わってくるといえます。また、それ以外にもそのビジネスフォンの人気度がどのくらいかや、市場にどのくらい流通しているかといったことも買い取り価格に大きく関わってきます。ビジネスフォンだけに言えることではありませんが、大量の在庫がある機種は買取り価格は安くなりますし、品薄の機種は高く買い取ってくれる場合が多くなっています。また、あまりにも汚かったり、部品が欠けていたりすると買い取り自体を拒否される場合もありますので、買取業者に出そうとする際にはよく確認しましょう。

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート