東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安ビジネスフォンサイト ビジフォン.com

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォン お役立ちガイド

ビジネスフォンの導入事例や使い方についてその他機能や特徴、メーカーに関する情報など…

コメントは受け付けていません。

2014-10-20(月)12:40

【ビジネスフォン導入事例】コストを削減するにはどうすればいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

【ビジネスフォン導入事例】コストを削減するにはどうすればいい?

 

ビジネスフォンの導入を検討する場合、やはり目指したいのはコスト削減です。しかし、単純にコストといっても、ビジネスフォン機器のコストや導入コスト、通信コストなどさまざまです。これらのどれを削るように検討すればいいのでしょうか。

今回は、ビジネスフォン導入にあたって、コストを上手に削減できた事例を紹介します。

 

5838

■ビジネスフォン導入 コスト削減のコツ

ある会社では、取引先や顧客との通話が増え、通話料が一年間で倍以上増えたといいます。通話料が割引になるサービスも有効ではなく、途方に暮れていました。そんなときの改善例として、事業者向けのNTT光回線を導入することや、同時通話を2人から4人に拡大するなどの施策で、大幅にコストを削減できたという事例があります。

しかし、ビジネスフォンが4人同時通話に対応していなかったため、新しいビジネスフォンを導入・設置する必要がありました。

この事例から、コスト削減を考える際には、ビジネスフォン機器だけでなく、通信環境全般から考えるべきだということが分かります。

 

■ビジネスフォンの機器導入にかかるコストを抑える方法

では、ビジネスフォンの機器のコスト減にはどのような方法が考えられるのでしょうか。

一般的に、ビジネスフォン導入時には電話機、主装置、ユニット、工事の費用が発生します。機種の購入方法や回線サービスによっても大幅に変化します。これらを考慮して全体のコストを見積もる必要があります。

ビジネスフォン機器導入にあたり、中古ビジネスフォンを利用してコスト削減をする方法があります。ビジネスフォンの世界では、中古品は多く出回っており、新品より大幅にコストが削減された状態で購入できることから多くの会社で利用されています。

中古品は電話機としても申し分なく、新品とほとんど変わらないため、特に使用上問題ないことも人気の理由のようです。デメリットとしては多少使用感や傷があることや、最新機種ではないことがありますが、特に気にしなければ問題ないでしょう。

 

コツを押さえて、ビジネスフォンを上手にコスト削減しつつ導入しましょう。

  • 中古ビジネスフォン0円プラン
  • 新品ビジネスフォンプラン
  • フレッツ光でインターネット インターネット回線シェア率50%越え!
  • 当サイト限定!0円ビジネスフォンキャンプラン なんと!大人気中古3機種が!0円!
  • 当サイト限定!新品ビジネスフォンプラン 月々のリース代金が3,000円~!
よくあるご質問

ページトップへ戻る

シェア:
シェア
ツイート